私って毛深い? 子供が悩み出した時の脱毛の注意点

私って毛深い? 子供が悩み出した時の脱毛の注意点

大人でも悩むムダ毛の悩み。子供が自分の毛深さに直面した時、その悩みの相談にのれるのはお母さんだけです。今まで毛なんか気にならなかったのに・・・初めての経験に小さな心はそれだけにショックでいっぱいです。そんな子供への注意点を考えてみましょう。

子供の様子を普段からチェックしましょう

毛が気になるといっても、こればかりは個人差があるもの最初の注意点は、大人の冷静な視線で子供の体の様子を普段から見るようにしましょう。男子でも女子でも、小学生の高学年から毛が濃くなってくることが多いです。まずは、顔や腕の毛のような目立つ場所の毛量が大人の目から見て気になるかどうかです。チェックは女性のお母さんがするのが一番です。子供自身が気にして、話をしてくる場合もありますが、他人が気になるような毛量でも気にしていないお子さんもいます。どちらにしても、本人には毛は誰でも生えてくるんだよと誠実に話をして、お母さんに相談しやすい雰囲気を作ってあげてください。

毛深いのがわかったら・・・対策をかんがえましょう

毛深いといっても、あまり目立たない場合もあります。例えば、毛がとても細い、毛の色が薄いということなら多少毛深くてもあまり目立ちません。あと、お子さん自身が日焼けなどしている時も毛が目立たないことが多いです。上記の場合で、お子さん自身も気にしていない時はすぐ処理せず、様子を見る形でも大丈夫だと思います。毛深いのがあきらかに気になるのでしたら処理方法を考えなくてはいけません。子供への手軽な処理方法は、石鹸で泡立てた肌にカミソリでやさしく剃るのが一般的です。特に、顔のおでこや口のまわりなどは目立つ場所なので洗顔のついでに泡と一緒に優しく剃ってあげるといいでしょう。慣れないうちは切ってしまうといけないのでお母さんがしてあげましょう。

子供はデリケート! 脱毛はやさしい方法で

子供の皮膚はデリケートなので、どの部位でもカミソリで優しく脱毛するのが一番だと思います。ただ、頻繁にすると肌に負担がかかるのと、発毛への刺激になってしまうので、やり過ぎないようにしましょう。他にも方法がありますが、注意点があります。脱毛クリーム等の薬剤を使う処理方法もありますが肌の弱い子等はトラブルが出やすいです。小学生のうちは早いかもしれません。永久脱毛を検討される方もいますが、大きな費用がかかってしまうのと、小さなうちだと効果があまりない子も多いそうです。費用と悩みの折り合いになってしまいますが、本格的な脱毛はせめて中学生位まで様子を見た方がいいかもしれません。

まとめ

今は、色んな脱毛方法が世間に溢れているので、どの方法にすれば良いか、つい迷ってしまいますよね。とりあえず初期の段階は、カミソリで処理をしながら様子を見て、中学生以上になった時に本人も納得した上で、色々な脱毛方法を検討するのが良いと思います。もし、申告なワキガ、自宅での処理が難しい問題が出てきたら病院等で専門家に相談してくださいね。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

子供の脱毛は何歳から受けて良いのか
子供脱毛の料金は大人よりもリーズナブルです
子供の脱毛の悩みはハイパースキンで解決
子供が早くから脱毛することで得られるメリット
無痛脱毛は子供でも無理なく施術できます
エステサロンの光脱毛の仕組みと効果
子供のための優良脱毛サロンの選び方
子供が初めて脱毛サロンを利用するときに気をつけること
高校生も脱毛サロンで施術可能です
脱毛サロンは中学生でも施術できます
脱毛サロンで若干痛いと感じることがあります
子供の体毛処理のために脱毛サロンに行く前に気をつけたいこと
子供が脱毛サロンを利用する際に、考慮すべき頻度の問題と注意点
脱毛サロンのやり方で子供の悩みを解決できる
親だけじゃない!子供から大人まで服装に自信が持てる脱毛サロン
ムダ毛の悩みが解決する脱毛サロン
アトピーの子供でも脱毛サロンに通えるのかどうか
子供の生理の事を考えて脱毛サロンで契約する
子供の全身脱毛におすすめの脱毛サロン
10代の子供は安全に脱毛サロンで施術を受けられるのか
脱毛サロンには無料カウンセリングがあります
脱毛サロンの初回カウンセリングの流れ
脱毛サロンは予約なしでも利用できるのか
脱毛サロンにはどのような種類があるか